ニュージーランドを最北端から最南端へ。写真家トミマツタクヤが約3,000kmに及ぶニュージーランド最長ロングトレイル『Te ARAROA(テ・アラロア)』に挑戦。ロックダウンにより1,100km地点で中断するも、2022年11月からの再開が決定。人生最大の挑戦の第2幕がいよいよスタートする。

正直、自分でもアホだと思った。

こんなことをやりたいと思うなんて。
こんなことにチャレンジしたいと思う自分がいるなんて。

でも、やるなら「今」しかない。
やらないと一生後悔する。

それだけは間違いない。

ぼくは2020年1月 ニュージーランドで最初で最後となる、人生最大のチャレンジに挑みます。

Te ARAROA(テ・アラロア)とは?

手付かずの大自然が数多く残り、Great Walks(グレート・ウォーク)を始め、「世界で最も美しい散歩道」と称されるミルフォード・トラックなど、世界中のハイカーを魅了し続けているニュージーランド。そんなニュージーランドに数多くあるトレッキングコースの中で「究極のロングトレイル」と言われているのがこの『テ・アラロア』

『テ・アラロア』とは、ニュージーランドの最北端ケープ・レインガから 最南端の町ブラフを結ぶ、総距離3,000kmのロングトレイルコースのことで、毎日20kmのペースで歩いても150日かかる道のり。通常約4~6カ月間をかけて、ニュージーランド全土を縦断します(ちなみに日本最北端の宗谷岬から最南端 沖ノ鳥島まで2,845kmだから、そう考えるととてつもない距離…)。

またこの『テ・アラロア』とは、ニュージーランド先住民マオリ族の言葉で “The Long Pathway(長い道のり)” という意味だそうで、現地の人たちは、テアラロアのことを略して “TA(ティーエー)” 、これを歩くハイカーのことを「TAハイカー」と呼ぶ。

そんなニュージーランドにおいて「究極のロングトレイル」と言われる『テ・アラロア』だが、最大の特徴は自然の中だけでなく、市街地・牧場・ビーチなどもルートに含まれていること。オークランドやウェリントンといった大都市もコースの一部で、現地のカフェやファーマーズ・マーケットに寄ったりと、ライフスタイルやカルチャーとも触れ合うことができるコース。つまりテアラロアは “ニュージーランドのすべて” を満喫できるロングトレイルコースとして、年々人気が高まっている。

テアラロアのスタート地点となるNZ最北端『ケイプ・レインガ」
カフェ8大都市として有名なNZの首都ウェリントンもコースの一部
ぼくが『テ・アラロア』に挑む理由

そんなニュージーランドの魅力すべてを味わうことのできる『テ・アラロア』だが、ぼくの目標はただ「3000kmを歩き切る」ことではなく、このチャレンジを通して成し遂げたいこと。それは『テアラロア』への挑戦を通して、人生を180°変えてくれた ニュージーランドの真の魅力をたくさんの人に届けること。

かつてため息ばかり、愚痴ばかりだったぼくの人生は、ニュージーランドでの体験をキッカケに大きく変わった。それは決してぼくだけの話ではなく、ニュージーランドを訪れたことをキッカケに 自分の生き方を見つめ直したり、新たな人生の一歩を踏み出す人がたくさんいた。

誰かの人生や生き方までも変えてしまう、ニュージーランドの本当の魅力とは?

かつてのぼく自身がそうだったように、この挑戦を通して、今の人生や生き方に疑問を抱いている人たちに、「生きる希望」を届けられたらと思っています。

挑戦の先に見える、美しい景色を求めて

ぼくは今も「ニュージーランド写真家」として、毎年 数ヶ月間をニュージーランドで過ごしているが、日本に帰国するといつも感じることがある。それは日本の人たちの〝笑顔〟が極端に少ないこと。

電車に乗れば、暗く 疲れ切った表情をしている人たち。
でもそれは他人ではなく、かつての自分の姿だった。

このテ・アラロアの挑戦では、たくさんの困難が待ち受けていると思う。でも何かにチャレンジした先には「勝ち負けを超えた世界」が必ずあって、たとえ失敗したとしても その経験だけでも失うものの何倍もの価値があると、ぼくはそう信じている。

挑戦したからこそ、出会えた仲間がたくさんいて
挑戦した先には、美しい景色がたくさん待っていてくれた。

挑戦に失敗は付き物。きっとぼくはこの挑戦でもたくさん失敗すると思う。でも失敗した先にも美しい景色や、一生忘れられないような出会いや感動があると信じて、ぼくは『テアラロア』3,000km踏破を目指します。ぜひ応援よろしくお願い致します。

トミマツタクヤ

谷川岳から見えた雲海
Te ARAROA 3,000km縦断への挑戦 スポンサー一覧






心和堂(新井大介先生)

 

トミマツ タクヤ


ニュージーランド写真家

大学卒業後、大手企業に就職するも会社員生活に馴染めず転職を繰り返す。度重なる体調不良をきっかけに会社員生活に終止符を打ち、2013年 世界一周を夢見てニュージーランドへ初渡航。数ヶ月の滞在予定がニュージーランドのライフスタイルやウェルビーイング(心の豊かさ)に衝撃を受けて、1年4ヶ月もの歳月を過ごす。

帰国後は人生観を大きく変えてくれたニュージーランドの魅力を届けるべく、ニュージーランド写真家として活動を開始。『Small is Beautiful -より小さく より美しく-』をテーマに撮影・表現活動を行う。2015年から過去50回に渡り「写真×音楽×ストーリー」を組み合わせた上映会スタイルの写真展『Small is Beautiful』を日本全国で開催。”写真展示のない写真展” として話題を呼び、延べ5000名以上を動員。自身の人生をも変えたそのメッセージと世界観は多くの人の感動を呼ぶ。

2018年9月にはガイドブック『LOVELY GREEN NEW ZEALAND』を四角大輔氏らと共に出版。2020年1月にはニュージーランドの最長ロングトレイルコース『テ・アラロア』3,000km縦断に挑戦するも、ロックダウンにより1,100km時点で中断(2022年11月より再開予定)。

2020年5月には幸福先進国ニュージーランドに学ぶ「心豊かな生き方=Small is Beautiful」について学び、実践するための オンラインコミュニティ『iti(イティ)』をスタート。日本にいながらもニュージーランドを感じられるような場を作るべく『iti village project』を起ち上げるなど、“Small is Beautiful” の世界観の追求を続けている。

▶︎ SNS:InstagramTwitterFacebookYouTube
▶︎ 公式オンラインショップ
▶︎ 撮影用HP:TAKUYA LeNZ Photography
▶︎ ロングトレイル専門メディア:Longtrail.com − 挑戦の先に見える景色を求めて −

※ プロフィール詳細はこちら